野菜の病害虫図鑑

 

病害の発生事例

トマトのうどん粉病

 

ベランダで発生する病害はプランターで使用する培養土や種イモ、周辺の雑草などが感染源になっています。

 

うどん粉病はえんどう、トマト、ごぼう、にがうり、パセリなど、多くの野菜で発生しますが、野菜の種類によって寄生する菌が違います。

 

また、気温や湿度が高い時期に発生しやすいのがうどんこ病ですが、気温が低い時期はえんどうなどで発生し安くなります。

 

オクラの黒根病

 

培養土から感染する土壌病害は根から侵入するものと表面から胞子が飛散して葉や果実に発生するものがあります。

 

オクラの黒根病は培養土に配合された赤玉土や黒土などに菌が潜んでいるため、これらを配合した培養土で感染しやすくなります。

 

根に感染した黒根病菌は根から養分を吸収するため、根が伸びなくなり、感染が重症化するとオクラは枯れてしまいます。

 

ピーマンの炭疽病

 

ピーマンの炭疽病は培養土の炭疽病菌が胞子を飛散させることで、果実などが被害を受ける病気で小さな斑点が次第に大きくなり腐敗します。

 

ジャガイモのウイルス病

 

モザイク病はアブラムシやアザミウマなどの害虫が伝搬するウイルス病で、感染すると黒いえそ斑点や葉の凹凸や濃淡がみられるようになります。

 

感染した野菜はほとんど収穫できませんが、ジャガイモの場合は急激に地上部が枯れることがないので、イモが収穫できます。

 

ただし、収穫したイモにウイルスに汚染されているので、これを種イモに使うと花が咲くころにえそ斑点が現れて枯死してしまうことがあります。

 

 

 

更新履歴